看護師の失敗しない転職

看護師の失敗しない転職

看護師の失敗しない転職

看護師の方が転職してみてよくあるのが、こんなはずじゃなかった、という失敗。
転職自体初めての看護師の方にとっては、転職のやり方もよくわからないし、失敗しないようにと思っていても間違いなく自分の希望通りの職場に入職できた人というのは、おそらくごく僅かでしょう。

 

とは言いつつも、失敗はしたくないもの。
「失敗は成功のもと」とはいえ、自分の人生を左右する転職で、失敗なんて経験したくないのも事実。

 

ここでは、看護師で転職を経験した先輩たちが失敗した事例の中から代表的なものを取り上げてましたので、自分なりの対策を考えてみるのも大変重要です。

 

 

よくある看護師転職失敗談の主なものは、次のとおりです。
・給料が下がるとは聞いていたものの、これほど下がるとか思ってもみなかった。転職先の情報をもっと質問して聞いておくべきだった。聞いておきたいこと、よくわからないこと、疑問に思うことは、やっぱり自分の中で明確にしておくべきでしょう。

 

・病院や看護部の広告と実際とのギャップが大きかった。

 

・忙しいのが嫌で転職したのに、また忙しい職場だった。

 

・給与の良さだけで判断してしまい、実際どのような看護をしているのかをよく理解せずに決めてしまった。結局1年もたなっかた。

 

 

看護師の転職に関する失敗談には、他にもいろいろとあるようですが、最後のコメントについて、も少し掘り下げて考えてみましょう。

 

給与、勤務時間、休暇などの労働条件は、転職する際の重要なポイントであることには変わりありません。しかし、よっぽどのこだわりがない限り、それ以外のことに無頓着でいるのは考えものです。
看護師としての仕事の内容、その病院の看護に対する考え方などが、自分の期待するものと大きくずれていると、「働き心地」はぐんと悪くなります。

 

まず大切なのは、「この職場で自分らしく働けるかどうか」についてしっかりと考えること。その上で条件面の話し合いをするようにしたいものです。

 

他にも、次のような失敗談があります。

 

・給与が約10万円下がってがっくりした。看護師としての転職を後悔しています。

 

・夜勤がない分、給料はすごく減りました。金銭面を考えるなら基本給がしっかりあるところが良いかもしれません。

 

・病院の裏側はなかなか見えません。行きたいところに友人や知人がいて、その病院のことについて詳しく教えてくれたりアドバイスをもらった上で、判断するのであればいいでしょうが、大抵は入ってもないとわからないというのが実情でしょう。だから、大きな期待はしないほうが良いです。

 

群馬県の看護師求人

 

 
 

ホーム サイトマップ